2017/02/24

‪晴れ。寒くなった。

9時間労働した後は気力がなくなってしまうので、寧ろ余力で仕事をするべきだと思い、家を出る3時間前に起きて読書をする。泉鏡花婦系図』を読みかけたが、気が散ったので、花瓶の水を取り替えに自室へ戻る。友人が「この花束、アレンジが全然気に入らなかった。早くドライフラワーにでもしちゃって」と寄越した花だが、白い花は乾燥させると美しさが損なわれるので、それはできない。泉鏡花を戻して、代わりにカフカの短編集を取り出して読む。アラームが鳴ったので、本を畳んで考え事をしながら朝ごはんを食べていると、外で瓶を棄てる音が鳴る。現実に引き戻されて、仕方なしにテレビをつける。連日、同じニュースしか報道されていない。人が殺された話が1件と、殺されかけた話が1件、皇族の話が1件。私は何を考えるでもなく、ただ画面越しに進行する拒食症を眺めている。ボーッとしていると、犬が勝手に短い鼻で柵を開け、こちらへやってきた。ボーッとしながらしばらく彼女を撫でて、家を出る。今日も同じ場所で9時間を過ごす。

そういえば昨日、職場で「いつも助けてもらっているから、そのお礼ね」といってクッキーの詰め合わせをもらった。人に頼られるのは嫌いじゃない。でもどうせ私は全力を尽くすことなどできないのだから、これはずいぶん悪趣味な考えなのだと、自分に言い聞かせておく必要がある。自覚した上で、行動をすること。これが今の私に必要な気休めなんだろうなあ、多分。