2017/08/11

 中部地方へ行った。お盆のために東京駅で人にもまれ(東京のお盆は7月に行われるというのに)、新幹線に乗り、雑な食事を済ませて、モネの池を見に移動した。透明に澄んだ水の中で、朱色や金色、白色の鯉が旋回する姿を見て、視覚が満たされた。そのあと茂みを抜けて川へ向かった。透明な水のかたまりが定められた方向に流れ去る。靴を脱いで裸足で触れてみた。皮膚に伝う水の冷たさや、その勢いに驚いた。海水に浸したことはあるけれど、流水の感覚は知らない脚だった。自然の中では、さほど昆虫は不気味ではないことも分かった。